2005年10月01日

2005年02月01日

豪雪の福井を体験したゾ!

仕事で数日ほど福井へ行って来ました。

1月31日から福井は雪模様。降雪量はそれほどではなかったが、2月1日になりますと、これがもうなんともかんとも…。
明け方、宿泊したホテルの窓から外の景色を見てみると、こんなふうになっていた…



なんともすばらしい雪景色!!

…と感動していられない。これから仕事先に向かうのでありますが、その前に腹ごしらえ…ってことで、福井駅ビル内にある今庄そば(立ち食いスタンド)で「天ぷらそば」(150円)


そして、えちぜん鉄道に乗って松岡町へ。松岡駅から仕事場まで向かう道がこの状態。写真ではわかりにくいと思うけど、除雪されているように見える部分は、除雪されているというより融雪されていると言う状態で、水と雪が混ざったぬかるみの状態なのです。この道を通らなくては仕事場行けません(T-T)



なんとかぬかるんだ道を避けられたら、次の道は真っ白け。ところが意外とこういう雪が降り積もった道のほうが歩きやすいことが判明!ぬかるまないし全然滑らない!


道路を除雪しているおっちゃん。こういう物があるところが雪国らしい〜。


ガソリンスタンドも、こんな感じに




えちぜん鉄道の松岡駅。こんなに真っ白。




ちなみに、この写真は1月28日に来た時に撮ったもの。この日の天気は晴天。
松岡駅の駅舎もこの通りでした。
雪が積もればぜんぜん雰囲気が変わってしまうのですね。

雪に覆われてしまったえちぜん鉄道の車両。ちなみにこの車両は、もと阪神電鉄の車両(3301形)。昭和58年まで阪神武庫川線で走っていた単行車両と同形のものです。


その電車の車内。この電車で終点の勝山まで向かいます。


勝山に到着し、駅からバスに乗る。同僚からは「タクシーで行ったほうがイイよ」と言われていたのだけど、すっかりと忘れてしまって、目的地近くのバス停を降りてから「しまった!」と思った。


歩道がこんな状態になってるのです。歩けないっつーねん。


ひたすら車道を歩いて、なんとか仕事場に到達。雪の降る量がすごくなってきた。
これには地元の人もビックリしてた。吹雪状態。写真ではよくワカランのが残念…。



午後4時前になり、仕事を終えてタクシーで勝山駅に戻る。
ところが!除雪作業をするとやらで乗れるはずの福井行き電車が運休!。ラッセル車が動いてました。除雪作業してるラッセル車を間近で見たのは私、初めてだった。とりあえず電車が動き出すまで勝山駅の待合室でしばし待機。


結局、次の電車もダイヤが乱れていて、勝山駅で1時間待たされる結果となる。外はもうこんな感じ。



1時間後の午後6時、なんとか福井駅に到着。
JRもダイヤが大幅に乱れていて、ほんとうなら乗れなかったはずのサンダーバード40号(17時40分発)になんとか乗れる。急いでいたので改札口で発駅証明をもらい車内で大阪までの切符を買って精算。

とにかく、疲れました〜。

でも、どこかへ行ける出張は楽しい。気分転換にもなるし。
今後も出張がありますように(−人−)

posted by かもねぎ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・まち歩き-北陸