2007年05月07日

TAIPEI101


世界一ののっぽビル・台北101

台北市内東部エリアにある台北101は世界でいちばん高いビルとして2004年に竣工。
高さは508メートルで、地上101階。
ただし、2009年には中東のドバイに、さらにこれを上回る超高層ビルが完成するので、世界一の座ももうすぐ明け渡す運命にあります。

MRT(地下鉄)の市政府駅を降りて、南へ歩いて約15分で台北101にたどり着けます。しかし、日差しが強く、暑い・・・(*_*;)

地下1階から5階まではショッピングモールやレストラン・飲食街などになっていて、
84階まではオフィス、89階には屋内展望台、91階には屋外展望台があるそうです。





間近で見ると、やっぱり高いなぁ〜って感じる。
今回は、展望台には登りませんでした(^^;。





地下1階には広いフードコートがあり、いろんなお店が並んでいます。
そん中で、担仔麺の店で軽〜く食事。結構美味しかった(^^)。
写真の担仔麺、1杯180円程度なんですよ〜。安い!

そのレポは、鴨ラー日記に掲載しています。

他にもいろんな店が・・・。



日本風のラーメン屋もありました。日本語でこだわりが書いてあります。
ちなみに、とんこつラーメン130元(470円程度)、チャーシューメン150元(540円程度)です。



台湾に進出してるって話は聞いてたけど、銀だこがありました。
6個100元(360円)、10個140元(500円くらい)。
日本国内の銀だこよりは値段安いですね。

しかし、この銀だこ、見てるとあんまり売れてない感じがした。
posted by かもねぎ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾流-旅行記---台北市内

中華民国総統府

観光で台湾へ来たら、必ずこの建物のそばを通るので知ってる人も多いと思う台湾の代表的建造物。中華民国(台湾)の政治の中枢です。
日本統治時代の1919年に完成し、1945年までは日本の台湾総督府として、戦後は中華民国に接収され中華民国(台湾)総統府として現在に至ります。



この日はなんかのイベントで、総統府正面の大通り(凱達格蘭大道)は歩行者天国になっていました。




posted by かもねぎ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾流-旅行記---台北市内

228和平公園・・・・台北市

基隆から台北に戻り、18年前によく出歩いてた台北駅南側一帯を散歩。台北新公園と呼ばれていた公園は「228和平公園」と名を変えていた。
228和平公園の敷地内には国立台湾博物館があります。(下の写真)


日本統治時代の1915年に建てられたというルネッサンス様式の建物で、台湾にこんな立派な建物を造るくらい当時の日本は台湾に力を入れてたんだなってのがわかります。

公園内には中華風の塔や東屋が点在。





228和平公園は、私が以前に台湾へ来た頃は「台北新公園」と呼ばれていて、当時から市民の憩いの場として利用されてました。

18年前には無かったモニュメントがあったんで行ってみる。














posted by かもねぎ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾流-旅行記---台北市内