2007年12月09日

大阪あべのhoopのクリスマス電飾


そろそろ神戸では、ルミナリエもスタートしますが、いろんなところでルミナリエもどきのイルミネーションを飾るとこが多くなりましたね。
あべのの「Hoop」も、その一つ。


夕方5時くらいから点灯し、毎正時には音楽が流れ、それにあわせて
流れるように光が点灯するようなしかけがしてあります。


あべのHoopは、近鉄あべの橋駅南側にあります〜。


posted by かもねぎ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・まち歩き-大阪市内

2007年12月22日

福崎町をボラボラ・・・




雨降る土曜日、のぶさんに誘われ、電車に乗って兵庫県の福崎町へ行ってきました。
福崎へは姫路駅でJR播但線に乗り換え、およそ30分ほど。
車なら中国自動車道の中国池田から福崎ICまで、およそ1時間で行けます。
まずは播但線の福崎駅からスタート。

天気はあいにくザーザー降りの雨。駅からはタクシーを使って柳田國男生家・資料館へ・・・。


柳田國男生家
福崎町内を通ると柳田國男生家の案内看板をよく見かけます。民俗学の第一人者であった柳田國男は福崎の出身で、それを町を挙げてPR。その生家、今の今まで見に行ったことが無かったが、やっと来れた。生家は後述の資料館の入館料を払えば見学可。
柳田國男は明治8年(1875年)にこの家で生まれ、幼少の10年間をここで過ごしたそうです。間取りは4帖半2間と3帖2間で、江戸時代中期(18世紀中頃)の建築と思われるようです。なお、家屋内の写真撮影は禁止。


柳田國男・松岡家顕彰会記念館
柳田國男は福崎町名誉町民第1号でもあり、國男の生家である松岡家の兄弟(鼎、泰蔵、國男、静雄、輝夫)はそれぞれの道で大成し、共に顕彰するために記念館が作られました。(左の写真が記念館)
生家は記念館の西隣に移設・保存されて、昭和47年に兵庫県指定民俗文化財となりました。柳田國男はこの生家を「日本一小さな家」といい、そこから民俗学への志も源を発したといってよいと著書『故郷七十年』の中に記しています。


神崎郡歴史民俗資料館
この建物は明治19年(1886)、神東・神西郡役所(明治29年、神崎郡役所と改称)として建設され、大正15年(1926)に廃止されるまで郡役所として使用されました。その後は県の県の地方出先機関の事務所などに使用され、老朽化に伴い、取り壊しが決定されたものを昭和57年に現在地へ移築し、歴史民族資料館として保存されています。
昭和62年(1987)3月、県重要文化財の指定をうけ、現在に至ります。
館内には出土品・古文書・民俗資料・行政資料などが展示されています。


posted by かもねぎ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・まち歩き-兵庫-播州

もちむぎのやかた@兵庫県福崎町




で、もちむぎのやかたで昼飯。5種麺を注文〜。








もちむぎ麺を食べたのはこれで2度目でしたが、結構いけます。



posted by かもねぎ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き−関西−兵庫

2007年12月25日

夙川のX'masツリー

今日はなんとなく阪急で帰り、夙川駅で下車しました。
駅を出てすぐ目の前にはクリスマスツリー。あっ、すっかりそのことを忘れてた。
実はこの時期になると、阪急夙川駅前には毎年、クリスマスツリーが飾られるんです。

このクリスマスツリーは今から60年近く前、夙川駅近くに住んでいた米国人夫妻が、戦後間もない当時の貧しい子供達の姿を見て、「少しでも心を癒やすことができれば」と、昭和23年の12月に、駅の南側にかかる橋の欄干にツリーを立てたのが始まりです。
その後、この米国人夫妻の四男が事故で亡くなって、その弔いの意味も込めて、毎年、クリスマスツリーを飾っていたそうです。
夫妻がアメリカへ帰国してからは、地元の人々が引き続き、クリスマスツリーを飾ってきたのです。それが60年も続いていて、今やこのクリスマスツリーも夙川の風物詩になってます。

点灯は25日で終わりです。最後の最後に見に行けてヨカッタ。
そういあ、私は今年もルミナリエ見に行けてなかった。。。○rz



posted by かもねぎ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・まち歩き-兵庫-西宮市

2007年12月29日

黄妃・・・・See You 阿羅哈

台湾のバス会社・阿羅哈客運(アロハバス)のイメージソングになっている黄妃(ファン・フェイ)の「See You 阿羅哈(アロハ)」です。
台湾語の歌詞がナカナカ良いゾ!

阿羅哈客運のバスは私も台湾へ行った時に乗りましたが、総統座という超豪華2列シートが自慢のバスです。
阿羅哈客運の公式ページを開いたら、やはりというか、この歌が大音響で流れてきます(^^;


posted by かもねぎ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾流-音楽・映画

2007年12月30日

コメダ珈琲店−名古屋市

会社の同僚と行った青春18切符で名古屋巡り。
喫茶マウンテンへ行こうと思ったが、もしや休みかもしれないと思って電話したら誰も出てこない。ということは休みなのだということでマウンテン行きの予定をコメダ珈琲行きに変更。
行った先は栄店。




名物のシロノワールです。
シロノワールは、ホカホカのデニッシュの上に、冷たいソフトクリームが載ったデザートの一種。ミスマッチな味かと思ったら意外にウマく合ってる。
みなさんもコメダに行った際にはお試しを!(590円)
直径9センチのミニサイズもあります。




小倉トーストです。





べたべた〜っとあんこを塗って食べます。

コメダは何度か行ってるけど、シロノワールも小倉トーストも初めて食べました。
私はさらにアイスコーヒーをプラスして腹いっぱいになってしまった(^^;
posted by かもねぎ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分流−菓子類・スイーツ