2004年09月23日

播州弁

ちょっとした用事があって姫路まで行って来てたのですが、途中、ひろめ市場に立ち寄ってみると休日なのにガラガラ。空き店舗だらけだし、ひろめ市場って死んでる。魅力的な飲食店ももう無いし、終わったな・・・・。どうやら年内に1階部分を除いて閉鎖するらしい。
ところで山陽電鉄姫路駅沿いの工事現場の囲いに「大好き!姫路弁」と題した絵が描かれていたのがちょっと面白かったので全部写真に撮ってきました。その一部をご紹介〜。

播州弁1播州弁2
播州弁3播州弁4


描かれた絵には「姫路弁」って書かれていたけど、播州地方ひとくくりにして播州弁って言い方が普通です。播州弁と言っても姫路、加古川、赤穂、山崎など、それぞれその地方ごとに言葉が違うのは当然なのですけど。
まあとりあえず比較的他地方でも知られている播州弁は下の通り。

:ごーわく(ごうわく):これ結構有名な播州弁。「業が沸く」が元の言葉らしいのですが、これ結構全国的にも使っている地域が多いらしい。
:べっちょない:大丈夫、問題ないって感じですね。これもごうわくと並ぶメジャーな播州弁。
:せんどぶりやのぉ:「ひさしぶりやのぉ」って感じですね。族とかヤな人が使うイメージが強い言葉やわコレは(^_^;)
:なんどい・なんどいや:この絵では「がっかり」って書かれているけど、関西弁で言う「なんやねん」っていう感じですかね。

他にもなんか面白い播州弁があったら教えて欲しい〜>播磨の人

2004年09月25日

マリンピア神戸

久しぶりに垂水のマリンピア神戸・ポルトバザールへ行ってきた。いわゆるアウトレット商品をいろいろ販売しているショップがたくさん集まった施設なわけだけども、オープンした当初は周辺道路が大渋滞するくらいに人が集まっていてすごい混雑していたポルトバザールも、ここ最近は飽きられたのか、どうも人混みというほどの人は集まらなくなったような気がする。ショップをざーっと見に行っても良いものは当然高いし、安い物はユニクロとどっこいどっこいだったりして、あんまし魅力なくなって来た。個人的には無印良品くらいにしか用がないかなぁ〜と。
それと、シーポートレストランツの2階には、なななななんと、あのラーメンの希望軒ができてました。10日にオープンしたばかりという。こんなとこにまで店を出すとはビックリ。土曜日と言うこともあって、昼過ぎでもまあまあお客さんが入っていた。
しかし、海産物などを販売しているショップが集まっていたシーフードマルシェは空き店舗だらけで閑散としている。既存の店もぼちぼちとしか客が来ていなくて暇そう。どうすんだろう…。

ポルトバザールから見た明石海峡大橋
上の写真は、ポルトバザールから見た明石海峡大橋

posted by かもねぎ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・まち歩き-兵庫-神戸市